and more

ブランデッドオーディオレーベル「SOUNDS GOOD」 切削工具メーカー 彌満和製作所の ASMR 音源を配信開始

株式会社QUANTUM(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:高松充、以下「quantum」、読み方:クオンタム)と株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也、以下「オトバンク」)が共同で設立した、音を通して企業とアーティスト、リスナーを繋ぎ、新しいブランディングの形を実現するブランデッドオーディオレーベル『SOUNDS GOOD』(代表:安藤紘、以下「SOUNDS GOOD」)は、本日2019年9月19日より、世界的な切削工具メーカーである株式会社彌満和製作所(本社:東京都中央区、代表取締役:渡邊芳男 以下「彌満和製作所」、読み方:やまわせいさくしょ)のASMR音源を配信開始いたします。

彌満和製作所の音源配信に伴い、CIRRRCLE / Pecori (踊 Foot Works) / Sawa Angstrom / SEKITOVA / Shingo Suzuki (Ovall)のアーティスト5 組がSOUNDS GOODに参加し、本日彌満和製作所のASMR音源をサンプリングした楽曲を発表いたしました。ASMR音源の音としての魅力をピックアップするナレーションはCIRRRCLEに担当いただきました。また、これまで同様、彌満和製作所のASMR音源は楽曲制作を行う全てのアーティストに無料で提供いたします。

これまでSOUNDS GOODでは、東京ガス、JR 東日本、ユカイ工学の3社によるASMR音源を配信しており、今回の彌満和製作所が4社目のレーベル参加企業となります。なお、彌満和製作所がブランディング施策を実施するのは1923年の創業以来初の試みです。

SOUNDS GOODは企業やブランドがもつ、これまで活用されてこなかった“固有な音”を ブランディングのアセットと捉え、音声コンテンツとして展開することで企業とリスナー、 音楽アーティストの関係性を生み出していくことを目指しています。これまで〝企業がアーティストの 楽曲を使う〟という広告制作を通した繋がりがアーティストと企業の主な関係性でしたが、企業の音を自由に使ってアーティストがブランディングに貢献するという、新しい関係性の構築を今後も加速してまいります。

※今回の参加アーティストの楽曲も含むコラボレーション音源のリンクはこちら
https://soundcloud.com/soundsgoodlabel/sets/collaboration-music-of-sounds

■彌満和製作所(やまわせいさくしょ)について

彌満和製作所は「確かなねじ」をテーマに、ねじ切り工具(タップ:切削タップ・転造タップ、ヘリカルカッター、ダイス、センタ穴ドリル、面取り工具、位置決め工具)を最高品質で提供し続ける、大正時代から続く切削工具メーカーです。

本社所在地:東京都中央区京橋3-13-10
代表取締役:渡邊芳男(代表取締役社長、会社代表、会員代表)
事業内容:ねじ切り工具(タップ・ダイス等)、穴あけ工具(センタ穴ドリル等)の製造・販売、及び輸出業務

株式会社彌満和製作所の音源は以下のリンクよりご視聴いただけます。

・株式会社彌満和製作所のASMR音源
SoundCloud:
https://soundcloud.com/yamawa_soundsgood
YouTube:
https://www.youtube.com/playlist?list=PLu8hS8yDJGDoUTb06JKOwKNqjM0kegDAJ

<テーマタイトル: SCREW HOLES ISSUE>

コンテンツタイトル:日本語タイトル(英語タイトル)
・ネジ穴を開ける、4つの音色。 / The 4 Tones of Tapping Screw Threads
・砥石で削る0.001mmの世界 / The World of Grinding to 0.001mm
・ 2,000 l/分の油を注ぐ部屋 / The Room Pouring 2,000 l/min of Oil
・確認は、ヒトか、機械か。 / Confirmation by a Human or a Machine

ナレーション担当アーティスト:CIRRRCLE(プロフィールは後述)


■SOUNDS GOOD 参加アーティストについて

本年3月5日のローンチ以降、SOUNDS GOOD には多くのアーティストに参加いただいていますが、 今回の彌満和製作所の音源配信に伴い、新たに以下 5 組のアーティストに参加いただきました。


<第3段参加アーティスト>

CIRRRCLE

https://open.spotify.com/artist/0kvuzARGuGVDWjuIs3Hzwe

東京・LA を拠点に活動する国際派ヒップホップクルー、 CIRRRCLE。自ら「ハッピーヒップホップ」と題する彼らの サウンドは、人種や生い立ちの異なるメンバーそれぞれの人生 から得た等身大の思いや悩みを込めたリリック、ヒップホップ の枠にとらわれない、様々なジャンルの要素を取り入れたトラックで独自の立ち位置を築きつつある。
若干 2 年の活動期間にも関わらず、昨年リリースした EP 「Fast Car」の標題曲が Spotify グローバルの巨大プレイリスト「New Music Friday」に選出されたことで一気に注目を集め、直近では 2019 年 4 月には東京で行われた Red Bull x 88 rising 主催の「Japan Rising」や、LA「Bootleg Theatre」でのライブ出演を果たすなど、国内だけでなく海外での活動も行っている。 1 月からの連続シングルリリースに続き、8 月からロサンゼルスを中心とした海外アーティストとの コラボ作品を発表するなど、その勢いは留まるところを知らない。9 月 29 日には DATS、The Flavr Blue、DJ YAZI (Black Smoker)らと共に、南青山 WALL&WALL の三周年記念イベントに出演予定。


Pecori (踊 Foot Works)

http://oddfootworks.com/

静岡県出身の 25 歳。ヒップホップグループ、踊 Foot Works のラップ担当。多様なビートにアプローチする変幻自在のフロウ と独創的な言語感覚で愛を語るリリックは日々進化している。 またフックでは普遍的なポップスセンスとメロディメイカーぶりを発揮。比類なき存在感を放つラッパーとして注目を 集めている。


Sawa Angstrom

https://sawaangstrom.com

Sawa Angstrom(サワ・オングストローム)は浜田淳、 吉岡哲志、児玉真吏奈の三人により京都で結成されたエレクトロニック・ミュージック・トリオ。
声とシンセとサンプラーを用いてユースホステルや アートギャラリーやビアバーなどのユニークな場所でライブを 行っている。彼らのミニマルで即興性の高い演奏やメランコリックな歌はデザイナー、映像作家、空間芸術家 などのアーティスティックな人々からの評価も高い。
2018 年冬に 1stCD-EP「DdTPt」を携えて EU4 ヶ国(フランス、ベルギー、ドイツ、デンマーク)6公演と台湾2公演のワールドツアーを突如決行。2019年に入り、上半期で既に CD付きのZINE「SYNAPSE VISUAL NOTE」のリリース、「DdTPt」のデジタルリリース、テキサス・オースティンの エレクトロニックレーベル「SVNSET WΛVES」のコンピレーションアルバムに参加、メルボルンツアーを決行、帰国後に2nd EP「OF FOOD」のデジタルリリース。今後さらなる飛躍が期待される。


SEKITOVA

http://twitter.com/SEKITOVA
http://soundcloud.com/sekitova

2012 年に17 歳でリリースした初アルバム「premature moon and the shooting star」をきっかけに、Big Beach Festival’13やUltra Japan’14、’16、’17、WIRED CLASH、EDC’17、Boiler Room、森道市場’19など数々の大舞台に登場。森高千里をフィーチャーしたオリジナルトラック「Foetus Traum」や「Escape」、リミックスワークでは「Takkyu Ishino - Lunatique」「XAI - White Out」などを手がけ、シーンにおいてかかせないパーツの 1 人となっている。


Shingo Suzuki

http://shingosuzuki.com/

国内外のアーティストを迎えてリリースしたデビューアルバム 『The ABSTRUCT TRUTH』が世界各国で話題になり、Yahoo!ニュースほか多数のメディアで「2008年最も驚きの新人アーティスト」として取り上げられる。また、バンドOvall (オーバル)のメンバーとして、mabanua (Dr.)、関口シンゴ (Gt.)と共に活動。FUJI ROCK、SUMMER SONIC、RISING SUNなど大型フェスにも出演。ベーシスト/プロデューサーとして矢野顕子、Chara、KREVA、さかいゆう、七尾旅人、KOJOE、Wouter Hamel、illa Jなどをサポート。さらに、CM 楽曲、テレビ、ラジオ局のジングル、ドラマやアニメの劇伴なども担当するなど多岐に渡るシーンで活躍中。


■追加情報① 彌満和製作所、参加アーティスト、SOUNDS GOOD代表安藤による特別対談を公開

約100年の歴史を持つ彌満和製作所が、なぜSOUNDS GOODに参加を決めたのか。また、アーティストCIRRRCLEが感じる「企業の音」の魅力とは?三者が初めて一同に会し、企業がもつ〝音〟によるブランディングの可能性、これまでと違ったアーティストと企業、
リスナーの関係のこれからを語りました。

以下リンクよりご覧いただけます。
https://quantum.ne.jp/works/1285/

> CMや広告ではなく、「音楽にしてみたら」という切り口に可能性を感じた(彌満和製作所)
> お互いにいいものを持ち寄って、ひとつの物を作り出すという感覚でした。(CIRRRCLE )
> アーティストと企業のフラットな関係を作りたかったんです。(SOUNDS GOOD 安藤)


■追加情報② Sawa Angstrom による楽曲制作ワークショップ、イベントへの参加決定。

今回の彌満和製作所のASMR音源配信に伴い、楽曲制作を楽しむことを通して企業とリスナー、音楽アーティストの新たな関係性づくりを加速させていくことを目指し、京都を中心に活動するクリエイティブ・コレクティブが主催する楽曲制作ワークショップおよびイベントに参加いたします。

・楽曲制作ワークショップ
2019年9月29日にFabCafeKyoto (京都府京都市下京区本塩伽町554)にて開催予定。
SOUNDS GOOD参加アーティストのSawa Angstromによる、彌満和製作所の音源を使った楽曲制作ワークショップを実施。

・ライブイベント
2019年10月5日にKAGANHOTEL(京都府下京区朱雀宝蔵町 99)にて開催される Audio/Visual Live Sesion「Inter+」にSawa Angstrom が出演。彌満和製作所の音源を使ったSOUNDS GOOD参加楽曲を含むパフォーマンスを予定。

実施詳細については、主催のSPEKTRAのSNS(https://www.facebook.com/spktrjp/)また会場である FabCafeKyoto、KAGANHOTELからの発信をご確認ください。


本情報を掲載したプレスリリースのPDF版は下記よりご覧いただけます。
プレスリリースPDF版

SOUNDS GOODについて
https://quantum.ne.jp/products/258/