quantum

03-5446-7203 contact

and more

SOUNDS GOOD®︎、新たに三井化学の参加が決定。
100年以上続いた炭鉱電車の廃止に伴い〝音の資産〟を未来に残すプロジェクト開始

株式会社QUANTUM (本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:高松充、以下「quantum」、読み方:クオンタム) と株式会社オトバンク (本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也、以下「オトバンク」) が共同で設立した、音を通して企業とアーティスト、リスナーを繋ぎ、新しいブランディングの形を実現するブランデッドオーディオレーベル『SOUNDS GOOD®』 (代表:安藤紘、以下「SOUNDS GOOD®」) は、新たな参加企業として三井化学株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:淡輪敏、以下 「三井化学」) を迎えることを本日発表いたします。

三井化学は、2020年5月を目途に、大牟田工場 (福岡県大牟田市) において原材料の搬入等に使用している三井化学専用線 (旧三池炭鉱専用鉄道) を廃止し、それに伴い三池炭鉱の時代から現在に至るまで100年以上の長きにわたり活躍を続けてくれた炭鉱電車への感謝と、未来に向けたレガシーとしての活用を検討する「ありがとう 炭鉱電車プロジェクト」を実施することを本日発表しました。
SOUNDS GOOD®︎は、このプロジェクトの一つとして、炭鉱電車にまつわる音を〝音の資産〟として多くの人に楽しんでもらえるコンテンツへと価値化し、未来へ残していく取り組みを三井化学と共同で行ってまいります。

今回のプロジェクトに伴う音源はSoundCloudなどで配信するほか、これまで同様楽曲制作をする全てのアーティストにサンプリング音源として無料で提供します。
(要申請: https://forms.gle/i6QtvhgsQwxoWn5d8 ) ※三井化学の音源提供公開は後日。
また、アーティスト、プロデューサーのSeiho氏が、炭鉱電車の音源を使用したコラボレーション楽曲を制作します。


●三井化学株式会社様(https://jp.mitsuichemicals.com/ )のコメント
私たちの記憶と密接に関わっている「音」。普段は何気なく聞こえている環境音も、無くなると案外寂しいものだったりします。今回、100年以上の長きにわたり大牟田の町中を走ってきた炭鉱電車の廃線により、町の人にとって普段は気にも留めないその音が失われることは、後になって寂しさとともに思い出されることもあると思います。そんな時、ふと聞いてみることで、音だけでなく景色まで伴って色鮮やかに思い出してもらいたいと思い、「音の記憶」を記録化したいと思いました。
サンプリングした音を様々なアーティストの方に自由に使ってもらえることは、炭鉱電車が過去の遺産でなく未来に向けたレガシーとして現役で走り続けることを意味します。
(三井化学 コーポレートコミュニケーション部 松永有理氏)

●楽曲制作に取り組むアーティストSeiho氏のコメント
風で葉がこすれる音、窓の向こうから誰かを呼ぶ声、実際には聴こえない太陽のじりじり。
僕たちは常に百、千の音の重なりを二つの鼓膜と一つの心で感じています。
小さい頃に苦手だったフォークがお皿を伝う、きぃーとした音も、何故か音楽の中で聴けば意外と好きな音だったりする。たぶんパクチーみたいなもの?

初めて訪問する大牟田の町だけど自分の脚と耳で、「記録」ではなく「記憶」を音楽で次に残せればなと思ってます。


SOUNDS GOOD®︎ https://soundsgoodlabel.com/

PDF版のリリースはこちら