quantum

03-5446-7203 contact

and more

日常を旅するクルマイス「Wheeliy(ウィーリィ)」が Red Dot Design Awardを受賞

株式会社QUANTUM (本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:高松充、以下「quantum」、読み方:クオンタム) は、この度、ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定する国際的なデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」においてレッド・ドット賞 : プロダクトデザイン2020部門を受賞いたしました。

「レッド・ドット・デザイン賞」は、ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する、1955年に創設された国際的なデザイン賞で、過去2年以内に製品化されたプロダクトを対象とした権威ある賞です。

今回受賞いたしましたのは、quantumが医療・福祉機器メーカーの株式会社モルテン(本社:広島市西区、代表取締役社長:民秋清史、以下「モルテン」)と共同で開発した日常を旅するクルマイス「Wheeliy」で、革新性、機能性、耐久性、品質、など9つの基準で20名以上の審査員による審査を経てプロダクトデザイン2020部門での受賞となりました。
先般発表いたしました「iFデザインアワード2020」の受賞に続き、Wheeliyとして2つ目の国際的なデザイン賞受賞になります。また、quantumとしては、2018年の天気を感じるIoTサイネージ「QM weather.」以来のレッド・ドット・デザイン受賞になります。

なお、Wheeliyは受賞作品として、レッド・ドット・デザイン・ミュージアムに一定期間展示されます。


●Wheeliy(ウィーリィ)について

Wheeliy(ウィーリィ)は、quantumとモルテンが共同開発した、障がいがあっても多くの介助を必要とせず、アクティブに活動する人向けのクルマイスです。
quantumはコンセプトの設計とプロダクトデザインを全面的に担当しました。

視力を矯正する器具であった眼鏡が、暮らしやファッションの中で当たり前の存在である「メガネ」になったように、車椅子の枠を超え、街の景色になる「クルマイス」を作りたい。そんな思いに基づいて開発した「Wheeliy」は、車椅子に不慣れな方がどう操作すればいいか直感的に理解できるようにアクセントカラーのイエローを配置するなど、周囲のサポートも含めたクルマイスでの快適な移動を追求したデザインになっています。

2019年4月に販売開始、9月にはパワーアシスト機能とパワークッションを搭載したモデルも発表しています。

「Wheeliy」について詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.molten.co.jp/health/wheeliy/


●「レッド・ドット・デザイン賞 (Red Dot Design Award) 」について

レッド・ドット・デザイン賞はドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する国際的なデザイン賞で、プロダクトデザイン、ブランド&コミュニケーション、デザインコンセプトの3つのジャンルが存在し、選ばれた作品は、レッド・ドット・デザイン・ミュージアムに飾られます。


PDF版のリリースはこちら